山のまこちゃんトップページ

山のまこちゃんのブログへようこそ!

北海道登山ガイド(夏山)(スマホの場合はこちらをクリック)

Google MAPにて登山口までの情報と、各コースへの登山情報が得られます
※現在も作成中




北海道雪山ガイド(冬山)(スマホの場合はこちらをクリック)

Google MAPにて登山口までの情報と、各コースへの登山情報が得られます
主に山スキーを想定して記載しています。スプレッドシートの一覧表はこちら
※まだまだ情報は少ないです。現在も作成中




★☆★☆2018年4月現在。オススメの記事☆★☆★

・登山計画の立て方



夏山動画





山スキーの動画(春スキー)





沢登りの初動画


最近のHow to系登山動画




両古美山 トーマル峠コース




----------------
山:両古美山
標高:806m
活動距離:5.63km
高低差:239m
累積標高上り/下り 333m / 363m
路コース:トーマル峠コース展望台まで
復路コース:トーマル峠コース展望台まで
登り:1時間20分
下り:50分
体力度:★☆☆☆☆
危険度:★☆☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆
レベル:初級

トイレ:登山口のそばにあり(積雪があるときは閉鎖)
トイレMAP:登山口と同じ

登山口駐車場:あり
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/5uR1yAeR5UD2
積雪があるときの駐車場:https://goo.gl/maps/ZYVXRvv4qSq

温泉:リフレッシュプラザ温泉998 (500円)

-----------------
 両古美山(りょうこびやま)は積丹半島南部にあるトーマル峠から登ることができる標高は約806mの山だ。
 登山口の駐車場からは当丸山と両古美山の二つに登ることができる。
 両古美山の山頂は景色がないため、10分ほどさらに歩くと展望台に行くことができる。さわに1時間20分ほど歩けば無沢1(むさわいち)と呼ばれるピークにいくことができる。
 今回は気軽に楽しむことができる両古美山ピークと展望台まで行くコースを紹介しよう。
 5月だと積雪により駐車場が閉鎖されていることがある。駐車場が閉鎖されていたらトンネルの南側にある駐車場からスタートする。トンネルを歩き、トンネル横の道路に出たら本来の登山口駐車場となる。
 駐車場からトンネルを超える柵がある道を歩き、階段を降りて、トンネル横をあるくと登山口に到着する。
 そこからはつづら折りになった登山道を登ると山頂までいける。さらにそこからあるくと分岐が現れる。右にいくと無沢1でまっすぐ進むと展望台だ。
 たけのこシーズンには多くの山菜採りの人で賑わう場所だ。
 




トンネルを南側に抜けたあとの駐車場
本来の登山口に車で入れない場合はここに駐車

この日は雪で駐車場への入り口が塞がれていたため、
トンネル内を歩く
撮影日:2018/05/20

休憩小屋

トイレ
ここまで車が入れない時期は閉まっている

トンネルを超える道

トンネルを超えたら階段を降りる

トンネル横を歩く

舗装路に出ると登山口だ

登山道を歩く

フギレオオバキスミレ
撮影:2018/05/20

カタクリ
撮影:2018/05/20


シラネアオイ
撮影:2018/05/20

キクザキイチゲ
撮影:2018/05/20

当丸山が見える

途中には標識もある


途中の景色の良い岩場


山頂標識

エゾイチゲ
撮影:2018/05/20

無沢1と展望台への分岐
右に行くと無沢1だ

展望台からの景色

帰りに展望の良い岩場で。ここが一番景色が良い


動画がこちら












当丸山 トーマル峠北尾根コース〜東屋跡コース

当丸沼から当丸山

----------------
山:当丸山 
標高:799.7m
活動距離:3.8km
高低差:234m
累積標高上り/下り294m / 330m
路コース:トーマル峠北尾根コース
復路コース:東屋跡コース
登り:1時間
下り:40分
体力度:★☆☆☆☆
危険度:★☆☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆
レベル:初級

トイレ:登山口のそばにあり(積雪があるときは閉鎖)
トイレMAP:登山口と同じ

登山口駐車場:あり
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/5uR1yAeR5UD2
積雪があるときの駐車場:https://goo.gl/maps/ZYVXRvv4qSq

温泉:リフレッシュプラザ温泉998 (500円)

-----------------
 当丸山(とうまるやま)は積丹半島南部にあるトーマル峠から登ることができる標高は約800mの山だ。
 登山口の駐車場からは当丸山と両古美山の二つに登ることができる。
 地図をみるとわかるが、峠から北尾根を登るコースと、南尾根から登るコースもある。南尾根の方には東屋跡と小沼にも行くことができる。
 今回は軽く登ることができるトーマル峠北尾根から東屋跡を経由するコースを紹介しよう。5月だと積雪により駐車場が閉鎖されていることがある。駐車場が閉鎖されていたらトンネルの南側にある駐車場からスタートする。トンネルを歩き、トンネル横の道路に出たら本来の登山口駐車場となる。
そこからは北尾根コースの登山口まで歩く。登山道は歩きやすく、あっという間に山頂に着く。南側の尾根を下ると当丸沼が見える。晴れていればとても綺麗だ。沼のところで分岐があるが、東屋跡の方にあるいていけばあとは同じところに戻る。
 登山口からの標高差もそれほどなく、標高600mからのスタートとなるため、涼しくて景色も良い。




トンネルを南側に抜けたあとの駐車場
本来の登山口に車で入れない場合はここに駐車

この日は雪で駐車場への入り口が塞がれていたため、
トンネル内を歩く
撮影日:2018/05/20

休憩小屋

トイレ
ここまで車が入れない時期は閉まっている

標識

トイレの辺りから北尾根コースの登山口へ向かう

北尾根コースの登山口

エゾイチゲ
撮影:2018/05/20

キクザキイチゲ
撮影:2018/05/20

当丸沼への分岐

カタクリ
撮影:2018/05/20

シラネアオイ
撮影:2018/05/20

タチカメバソウ
撮影:2018/05/20

ニリンソウ
撮影:2018/05/20

フギレオオバキスミレ
撮影:2018/05/20

山頂の標識は高い位置にある



ノウゴウイチゴ
撮影:2018/05/20


ミズバショウ
撮影:2018/05/20

当丸沼そばの遊歩道は朽ち果てて釘が露出している

当丸沼から当丸山


駐車場に戻る

動画はこちら